アミノ酸

必須アミノ酸「メチオニン」の効果とは?肝臓や髪への影響【山本義徳監修】

たんぱく質の合成に欠かせないメチオニンは、食事からの摂取しかできない必須アミノ酸の一つです。

必須アミノ酸とは?オススメの飲み方や効果について解説筋力トレに励んでいる人であれば、必須アミノ酸・BCAA・EAAなどの言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。 必須アミノ酸は筋肉...

メチオニンは私たちの身体にどのような恩恵をもたらすのでしょうか。

今回はメチオニンの効果的な摂取方法、不足したときのデメリットなどを解説します。あわせて、オススメのサプリメントなども紹介します。

筋肥大のためにメチオニンを摂取したい人はぜひ参考にしてください。

メチオニンとは?

メチオニンとは必須アミノ酸の一つで、たんぱく質の合成に欠かせない成分です。構造に硫黄を含んだ「含硫アミノ酸」であり、牛肉に代表される赤身の肉類・トウモロコシに含まれています。必須アミノ酸は体内で合成されないため、食事・サプリメントからの摂取が必要です。

メチオニンは身体の中でたんぱく質を合成する際に、最初に必要とされるアミノ酸です。メチオニンありきでカルニチン・タウリン・システインが合成される、いわば「先陣」の役割を担っています。

メチオニンが必要といわれる理由の一つは、体内に蓄積された脂肪をエネルギーに変える際に必要なカルニチンの合成があります。かっこいい体を目指すトレーニーにとって、脂肪燃焼は必須条件です。トレーニングをおこなう過程で体内の脂肪をエネルギーに変換して行くためには、メチオニンが重要だと考えられます。

メチオニンに期待できる効果

続いて、メチオニンの摂取によってもたらされる効果を紹介します。

肝機能サポート

メチオニンは肝臓でカルニチンの生成をサポートするアミノ酸です。
医薬品を使用している場合や、身体の中に蓄積された毒素などで、ダメージを受けやすい肝臓の機能をサポートする効果が期待できます。肝臓の働きを大切にしたい人は、積極的に摂取する必要があります。

エネルギー代謝サポート

メチオニンは、脂肪の燃焼に欠かせないカルニチンを生成するために必要なアミノ酸です。
メチオニンはタウリンを合成するアミノ酸でもあります。メチオニンによって合成されたタウリンは、コレステロールの分解を促す働きを持っています。脂肪の蓄積による肥満が心配される人はもちろん、生活習慣病に関する値で指摘を受けた人は、メチオニンを摂取したのち、軽い運動を取入れることをオススメします。

筋肥大を目指すトレーニーも、脂肪を燃焼してエネルギーに変換するカルニチンを生成するために、メチオニンの摂取は必要です。

髪の毛を健康に保つ効果

メチオニンは、肌の新陳代謝を正常化し肌トラブルの解決を促すアミノ酸のシステインの合成にも一役買っています。

システインは髪の毛のツヤやハリにも関係していると考えられています。筋肉トレーニングのために強度の運動を続けていると、肌のハリが落ちる、髪の毛のツヤが消えるなどの弊害があります。メチオニンを摂取するとシステインの生成が促されるため、弊害を食い止められる効果が期待できます。

とくにフィジーク・ビキニ競技のためにボディメイクをおこなっている場合、ヘアケアにも細心の注意が必要です。

免疫サポート

メチオニンは、グルタチオン(グルタミン酸・システイン・グリシンが結合したペプチド化合物)の源となるアミノ酸です。グルタチオンは抗酸化作用・補酵素(代謝のための酵素を補う成分)を兼ねているため、アンチエイジング効果はもちろん、さびない身体づくりをサポートします。

グルタチオンは身体の抗酸化作用があるので、免疫力向上にもつながります。風邪をひきにくい身体づくりや、冷え知らずの身体づくりをしたい人はメチオニンを摂取してください。

公式ライン

メチオニン不足で起こり得る症状

メチオニンは、私たちの身体を合成するのに欠かせないたんぱく質・アミノ酸を生成します。メチオニン不足によって体内ではどのような症状が起こり得るのか、詳しく紹介します。

利尿能力の低下とむくみ

メチオニンは身体全体の代謝を促すアミノ酸の合成に欠かせない成分のため、メチオニンが減ると身体の代謝が落ちる可能性があります。もちろん、代謝に関わるアミノ酸・たんぱく質の合成の滞りも関わってきます。

身体の代謝が滞ってしまうと、身体がむくみやすくなります。肝機能のパフォーマンスも落ちやすい状態なので、毒素が身体にたまりやすく利尿能力が低下します。利尿能力の低下は、むくみをさらに助長するため、悪循環に陥るので注意が必要です。

血中コレステロールの増加

メチオニンはタウリンの合成にも一役買っています。タウリンが不足すると、血中コレステロールが増加傾向に傾いてしまいます。メチオニンが不足すると、肝臓の機能が低下するおそれがあります。肝機能の低下が進むとコレステロールのコントロールにも影響するため、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が身体に増える傾向が進みます。

肝機能低下・タウリン不足が重なると、悪玉コレステロールの増加が続き、結果的に動脈硬化などの原因につながります。

メチオニンの効果的な摂取方法

メチオニンは体内で生成できない必須アミノ酸のため、食事などから効率的に摂取する必要があります。メチオニンの効果的な摂取方法を紹介します。

必須アミノ酸の摂り方は?種類や効果、効率良く摂取する方法を解説筋力トレーニングによってバルクアップしたいなら、必須アミノ酸の摂取は非常に重要な要素です。 必須アミノ酸は足りなくなると筋肥大どこ...

メチオニンを多く含む食材

メチオニンは、牛肉・マグロなどの赤身の肉類のほか、牛乳・チーズなどに含まれています。動物性たんぱく質を含む食材が中心ですが、豆腐・納豆などの植物性たんぱく質にも含まれているので、食事のバランスを取りたい人でも安心です。

ナッツ類・全粒小麦などにもメチオニンは含まれています。あらゆる食材からそれぞれ効率良く摂取ができるため、ストイックに糖質制限をしている人やカロリー管理を遂行中の人でも、メチオニン不足に陥る心配はありません。

メチオニンは食品で摂れる?たんぱく質合成に欠かせない必須アミノ酸【山本義徳監修】メチオニンは、9つある必須アミノ酸のうちの一つで、たんぱく質の合成や代謝に大きく影響する、大切な栄養素です。 この記事では、メチオ...

必要な摂取量の目安

メチオニンの摂取量は、体重1kg当たり1日15mgです。体重50kgの人であれば1日750mgが目安となります。

メチオニンを食事で摂取する場合、例えば、赤身のカツオの刺身100g(7~8切れ程度)、鶏むね肉・豚ロース肉はそれぞれ200gなどで網羅可能です。無調整豆乳200mlを1日3杯飲むと、必要目安の約1/2量が摂取できます。

毎日バランスの取れた食事ができていれば、メチオニン不足に陥ることはまずありません。食事を正しい形で代謝するために、有酸素運動などを取入れると、さらにメチオニン効果が得ることが可能です。

過剰なアルコール摂取は厳禁

メチオニンを摂取するためには、毎日規則正しい食生活が大切です。

アルコールを摂取すると、メチオニンが肝臓の代謝を促すため、大量に消費される可能性があります。

脂肪燃焼・コレステロール値の安定化など、メチオニンを必要とする働きの部分に十分に配分されなくなるので、過剰なまでのアルコールの摂取は禁物です。

どのくらいアルコールを飲むとNGなのかは、アルコールの許容量に個人差があるため、一概に指し示すことはできません。しかし、毎日アルコールを摂取している、アルコール度数が高いお酒を飲む量が多い場合はメチオニン不足に注意が必要です。

メチオニン摂取に活用したいサプリメント

メチオニンは食事でも十分に網羅できますが、筋肥大を意識した強度の運動量が多い人や、アルコール摂取が多いと感じている人は、メチオニンの積極的な摂取をオススメします。食事制限などでメチオニンを含む食材を避けている場合は、良質なサプリメントで補うことが大切です。ここではオススメのサプリメントを紹介します。

EAAとβアラニンをバランス良く配合した『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』

『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』は山本義徳先生の完全監修のもと、9種類の必須アミノ酸を完全に網羅し、バランス良くアミノ酸を摂取できるように調整されたサプリメントです。

ワークアウトドリンクとして飲めるよう水に溶けやすく、味のバリエーションも豊富で、コーラ風味・パイナップル風味・シトラス風味の3種類のフレーバーがあります。
メチオニンの配合量は1回分(25g)当たり500mgです。食事などと合わせてバランス良く摂取できます。

『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』には、筋肉の瞬発的なパワーを引き出すβアラニンも配合されています。必須アミノ酸のヒスチジンと結合するとカルノシンに変化し、筋肉の瞬発的なパワーに変えてくれる一石二鳥のサプリメントです。

定期購入

女性の美と健康のために開発された『EAA BEAUTY(イーエーエービューティー)』

『EAA BEAUTY(イーエーエービューティー)』は、女性にうれしいアミノ酸成分を配合したサプリメントです。筋トレ女子・健康意識が高い女性・年齢を感じ始めた女性にも使ってほしいサプリメントです。
山本義徳先生の完全監修のもと、抗酸化成分のピクノジェノール・βアラニンを配合し、美の源を十分に引き出してくれる効果も期待できます。

『VALX EAA BEAUTY(イーエーエービューティー)』は女性が好むベリー味です。水に溶かすだけで、さわやかなベリードリンクができあがります。1日2回、運動の合間・起床後にすぐに飲むルーティンを作ると、メチオニンも効率的に摂取できます。

まとめ

メチオニンは開始アミノ酸と呼ばれる、合成に欠かせない必須アミノ酸です。メチオニンがなければ肝臓の代謝に影響が出るほか、脂質異常を引き起こす可能性があります。食事・サプリメントから摂取する必要があります。

アルコールの摂取は肝臓での代謝にメチオニンを大量に使うため、目安量を摂取していた場合でも不足するおそれがあります。アルコールの摂取は控えめにする、休肝日を作るなど、身体をいたわりながら上手にアミノ酸を摂取してください。

公式ライン

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....