EAA

EAAを飲む時はこれさえ気をつければ問題無し!?山本義徳が徹底解説!

EAAを飲むと下痢になってしまうという方、それが嫌でEAAを飲まないというのは勿体無い!下痢にならないよう、上手に摂取する方法を山本義徳氏が徹底解説。

EAAによる浸透圧性下痢とは?

EAAは、最初から分解されている状態なので消化吸収がとてもいい。また、消化酵素の必要もないためすぐに血中にのる。逆に、吸収が早いために浸透圧性の下痢になってしまう恐れがある。

浸透圧性の下痢とは?

腸内の濃度が一気に高まると、その濃度を薄めようとして体内の水分が腸内に引き込まれる。そうなることによって、腸の中の水が増えるためそれが原因で下痢になってしまうことがある。

それを防ぐためには?

一度に大量に飲まないことで浸透圧性の下痢は防ぐことができる。腸内の濃度が一気に高くなることで浸透圧が高くなってしまうため、一度に飲む量を少し減らすということが大事なポイントとなる。

具体的なEAAの飲み方

例えば15gを飲む際、1時間くらいかけてゆっくりと2gを10分おきくらいに飲むことで浸透圧性の下痢は防ぐことができる。

なので、1時間かけて飲むとしても一回に5gずつでは下痢になってしまうことがあるので少なめにする。

1時間トレーニングをして10セット行うなら、インターバル毎に少しずつ10回に分けて飲むような形にするといい。そうすると、一回あたり1.5gになるので下痢をするようなことはない。

EAA9の詳しい詳細はこちら↓
https://valx.jp/lp/special_eaa9.html

参考文献

山本 義徳(2017)「 アスリートのための最新栄養学(上)」

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....