アミノ酸

アルギニンで成長ホルモンが分泌促進される?メカニズムも徹底調査

成長ホルモンの分泌は、アルギニンの代表的な効果です。しかし、これからアルギニン摂取を始める場合、成長ホルモンといわれても、具体的にどのようなメリット・健康効果があるのかを想像できないこともあるかと思います。

今回は、アルギニンの摂取によって成長ホルモンの分泌が促進されるメカニズムを紹介し、具体的な効果・オススメの摂取量などを詳しく解説していきます。

アルギニンとは?

アルギニンは、必須アミノ酸ではないものの、非常に重要な役割を持つアミノ酸の一種です。重要性が高い理由としては、体内にさまざまな効果をもたらすNO(ニトリックオキサイド・一酸化窒素)の材料になる点があげられます。注目される効果の一つである成長ホルモンの分泌促進も、アルギニンを材料に生成されたNOの作用です。

成長ホルモンの分泌が促進されるとどうなるの?

成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるホルモンです。以下のように多彩な作用があることから、マスターホルモンとも呼ばれています。

  • 筋肉の発達を促進する
  • 脂肪の分解を促進する
  • 基礎代謝を上げる
  • 神経伝達を向上する
  • 心機能を高める
  • 免疫機能を高める
  • 骨を強くする など

成長ホルモンにおける分泌量の変化

成長ホルモンの分泌は、成長が著しい幼児期から活発になり、10代後半にピークを迎えます。一般的には20歳を過ぎると減少が始まり、40歳で20歳の40%、80歳で5%まで低下してしまいます。そのため、健康を維持するためにも、アルギニン摂取によって成長ホルモンの分泌を促進させることは非常に大切です。

成長ホルモンの分泌とアルギニンの摂取量

非必須アミノ酸であるアルギニンは、体内でも合成できる成分です。ただし、以下のような条件で体内合成量が減少することがあります。

  • 激しいトレーニングで体力を消耗したとき
  • 病気・ケガをしたとき
  • 免疫力が低下したとき

加齢によってもアルギニンの合成量は減少する

上記の条件のほかにも、年齢によってアルギニンの合成量が減ることがあります。まず、乳幼児・成長期の子どもは、合成量が少ない年代です。また、10代で多く合成されていたアルギニンは、加齢とともに減少し、40代では約半分近くまで減少します。この減り方は、成長ホルモンとほぼ同じです。

成長ホルモン分泌に必要なアルギニンの摂取量

アルギニンの合成量が少ない大人の場合、食事・サプリメントなどからアルギニンを摂取する必要があります。アルギニンは、ナッツ類・海藻類・ウリ科の植物に多く含まれており、日本人の食生活では不足しがちな成分です。そのため、効率良くアルギニンを摂取するならサプリメントを活用するのがオススメです。

サプリメントを使えば、カロリーオーバーで太ってしまう問題も解消できます。特に、アルギニンとシトルリンをサプリメントなどで一緒に摂取すると、NOを生み出すサイクルが加速することがわかっています。

WHO(世界保健機関)では、成人男性の1日に必要なアルギニン量を6~7gとしています。ただし、トレーニングをしている人は、血行を良くして栄養を筋肉に行き渡らせ、成長ホルモンを多めに分泌させたいところです。また、筋トレをする人が飲むホエイプロテインには、アルギニンが少ないという特徴もあります。

したがって、トレーニング中の人は1日6~10g程度を睡眠前などに摂る必要があります。一方で、小学生ぐらいの子どもの場合は、1日3g程度のアルギニン摂取で成長ホルモンの分泌が促され、身長などに良い影響がもたらされるかもしれません。

アルギニンの効果・摂取量については、山本義徳先生の動画でも紹介しています。これからアルギニン摂取を始める人は、ぜひ動画をチェックしてみてください。

まとめ

アルギニンの効果である成長ホルモンの分泌促進は、アルギニンを材料に産生されたNO(一酸化窒素)の作用です。以下のように多彩な効果があることから、成長ホルモンはマスターホルモンとも呼ばれています。

  • 筋肉の発達を促進する
  • 脂肪の分解を促進する
  • 基礎代謝を上げる
  • 神経伝達を向上する
  • 心機能を高める
  • 免疫機能を高める
  • 骨を強くする など

小学生ぐらいの子どもの場合は1日3gぐらい、トレーニングをする人の場合は、栄養を筋肉に行き渡らせるためにも、1日6~10g程度のアルギニン摂取がオススメです。

NOを生み出すサイクルを加速させたい人は、アルギニンとシトルリンの配合量・配合比率に極限までこだわった『VALX アルギニン・シトルリンパウダー』をお試しください。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....