アミノ酸

アルギニンは効果なしって本当?アルギニンの弱点や効果を高める方法を解説

アルギニンについてインターネットなどで調べていると「アルギニンは効果なし」といった情報を見かけることもあるかもしれません。しかし、実のところアルギニンは、さまざまな効果やメリットをもたらす成分です。

この記事では、アルギニンの特徴と一般的な効果を紹介したうえで、アルギニンが「効果なし」といわれる理由と、効果を高める方法について解説します。

アルギニンとは

アルギニンとは、体内で合成できる非必須アミノ酸の一種で、筋肉などにとっては必須アミノ酸の次に重要なアミノ酸です。

アルギニンは、一酸化窒素のNO(ニトリックオキサイド)が結合したアミノ酸で、体内ではアルギニンがシトルリンに変換される過程でNOが生み出されます。
NOは、身体にとって重要な役割を担う成分です。NOを生み出すうえでアルギニンは最も大事な材料になります。

アルギニンの効果と働き

以下のアルギニンの効果は、一酸化窒素の働き(NO誘発作用)によるものです。

  • 神経伝達を向上させる作用
  • インスリン機能を向上させる作用
  • 血管を拡張し、血の巡りを良くする作用
  • 女性ホルモンとの働きによって骨を強くする作用
  • 痛みを軽減する作用

このほか、アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す作用もあることから、子どもには特に必要な栄養素であるともいわれています。

アルギニンが「効果なし」といわれる理由とは?

アルギニンがよく「効果なし」といわれるのは、いわゆるエナジードリンクに含まれるアルギニンに関する話です。
こうした飲み物には、アルギニン以外にもさまざまな成分が含まれているため、早く効果が期待できる量のアルギニンが含まれておらず「効果がない」と感じられる場合があります。

アルギニンにおけるほかの弱点を別の成分で補う

効果とは少し異なりますが、アルギニンはアルカリ性が強く、味があまり良くないことが弱点です。なかには「アルギニンはパウダーでは飲めない」「カプセルで飲んでも胸焼けする」といった声もあります。

アルギニンの弱点を解消する方法はある?

アルギニンの味とアルカリ性の弱点を解消するために「オルニチン回路」に出てくる兄弟分のシトルリン・オルニチンを摂取する考え方もあります。

オルニチン回路とは、肝臓内で有害なアンモニアを無毒な尿素に変換する作用(サイクル)のことです。シトルリン・オルニチンでもオルニチン回路はスムーズに回るため、十分にアルギニンの代わりになるでしょう。

なお、アルギニンはアルギナーゼによってオルニチンに変わり、それからシトルリンになり、アルギニンコハク酸になってアルギニンに戻ります。

したがって、アルギニンレベルを高めるには、オルニチンよりシトルリンのほうが効果的とされています。
1日2.4gのシトルリン摂取を7日間継続することで、血中アルギニンレベルが向上し、運動パフォーマンスが改善したという研究結果もあります。

アルギニンの代わりにシトルリンを摂取したほうが良い?

シトルリン・オルニチンは、アルギニンと比べて高価な成分です。またオルニチンの場合、成長ホルモンの分泌を促進するためには、アルギニンの2倍以上の量が必要になります。

ただ、アルギニンとシトルリンには、同時摂取で相乗効果が期待できるため、アルギニンをベースとしたサプリメントに、追加でシトルリンを少し入れる方法がオススメです。

アルギニンの効果を高める摂取方法とタイミング

血中のアルギニン濃度が最大になるのは、アルギニン摂取から約30分後です。一般的には、2時間後に半分、4時間後に元のレベルになるとされています。ただし、アルギニンの効果につながるNOの生成までにはタイムラグがあり、血流が最大に達するのは摂取から約90分後です。

90分までいかなくても、アルギニン摂取後60分が経過した時点で血流は十分に増加しているので、トレーニング時の血行促進や持久力向上の効果を高めるには、運動の約1時間前に5~9gのアルギニンを摂取するのがオススメです。

なお、筋肉の成長に効果のあるホエイプロテインにはアルギニンが少ないため、ホエイプロテインと一緒にアルギニンを摂取して補うと良いでしょう。

まとめ

アルギニンは、筋肉などにとっては必須アミノ酸の次に重要なアミノ酸です。エナジードリンクなどでアルギニンの含有量が少ないと効果がない場合もありますが、アルギニンをベースにしたサプリメントにシトルリンを追加することで、以下の効果を高められる可能性があります。

  • 神経伝達の向上
  • インスリン機能の向上
  • 血流の改善
  • 骨の強化
  • 痛みの軽減 など

『VALX アルギニン・シトルリンパウダー』は、アルギニンとシトルリンの配合量・配合比率に極限までこだわったサプリメントです。スーパーフードのビーツを追加することで栄養価も高めています。トレーニング前に摂取するアルギニンをお探しの場合は、ぜひお試しください。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....