栄養・食

糖質とタンパク質がくっつくのを防ぐ!?ベータアラニンとカルノシンについて

今回は、ベータアラニンとカルノシンについてお話ししています。ベータアラニンは、疲労回復の作用やアンチエイジングにも効果的なサプリメントですので、トレーニングをしている方はもちろん、疲れやすい方などにもおすすめの内容です。

ベータアラニンに関係するカルノシンについて解説をしていきたいと思います。

カルノシンについて

カルノシンは、イミダペプドと呼ばれるペプチドです。ペプチドとはつまり、アミノ酸が2つ、3つくっついたもののことを言います。

カルノシンの場合は、ベータアラニンとヒスチジンの2つのアミノ酸がくっついています。

カルノシンの効果

抗疲労効果…様々な疲労物質を体外に出してくれる

抗糖化…糖質とタンパク質がくっついてしまうのを防ぐ

ベータアラニンについて

ベータアラニンの効果

体内にヒスチジンは沢山あります。なので、ベータアラニンを摂ることで体内にカルノシンを生み出すことができるのです。

ベータアラニンを実際に摂った研究によると、走る距離が長くなった、疲労回復がはやくなったという効果がみられています。実際に、すぐに効果が出る訳ではありませんが摂取し続けていくことで体内のベータアラニンの量を増やしすことができ、結果的にカルノシンの量も増えるということになります。

人によっては飲むと肌が少しピリピリしてしまうことがあります。しかし、副作用があるわけではないので気にしなくて大丈夫です。

摂取量について

ベータアラニンは1日に2-3gほど摂れるとベストです。

ベータアラニンをしっかり含んだ山本先生完全プロデュースのEAA9の詳細はこちら

https://valx.jp/lp/special_eaa9.html

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....