トレーニング

腹筋をバルクアップするトレーニングを山本義徳先生が動画で解説!

人の身体は、上半身よりも足の方が重いです。なので、一般的な上体起こしよりも足上げ腹筋の方が腹筋にかなりの効果をもたらします。山本義徳先生が徹底解説!

腹筋トレーニングを行うにあたって

腹筋の機能をしっかりと理解し、トレーニングをすることが一番重要です。

上体起こしのように腹筋を行うのが一般的だが、ただ起こしているだけだと腹筋はあまりつかわれない意味のなさない腹筋になってしまう。

そこで、大事なのは背骨をしっかり丸めること。それを意識するだけでも変わってくる。

『足上げ腹筋』を伝授!

人間の体は上半身よりも下半身(足)の方が重いため、足を上げて行う腹筋方法を伝授!

1.ベンチに仰向けに横たわり、頭上のベンチの端をもつ

2.膝を上に持ち上げる

3.お尻がベンチに着くまで下ろす

1〜3を繰り返す。お尻を浮かせることを意識すると、背骨が丸くなるので効果が出る

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....