トレーニング

腰を痛めないように”背中”を鍛えるデッドリフト!山本義徳先生がお伝えします!

背中を鍛えたい方にオススメのトレーニング、デッドリフト!しかし、デッドリフトで腰を痛めてしまうという方は多くいます。そんな方々のために山本義徳先生が、腰を痛めないでできるデッドリフトのやり方をお伝えいたします!

鍛えられる筋肉

背中全体

・腕

・太ももの筋肉

ポイント

1.ベントオーバーのポジションを取る

2.腕をだらんとさせる

3.バーが膝の高さになるようにセーフティーをセットする

4.ゆっくりとバーを持ち上げて胸を張る

5.腰を後ろに突き出しながら降ろす

6.バーが軽くセーフティーに触れたら、また持ち上げる

セット / 回数

頻度→週1回

セット→2セット

回数→6−8回

まとめ

・一番注意する点は『腰をまるめない』

・オーバーワークにならないように頻度に気をつける

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....