栄養・食

最強のタンパク質はどの食材だ!?BEST3

タンパク質は私たちを構成する『一番の栄養素』です。そんなタンパク質を豊富に、なおかつ質までもいい”神”食材をご紹介!バルクアップする上でも、ダイエットをする上でもタンパク質は重要です。是非、ご覧ください。

タンパク質が摂れる食材ベスト3

1位 卵

タンパク質の”質”を測る上ではプロテインスコアというものがある。

そこで、卵はプロテインスコアが一番高い。
ただし、白身だけではだめで全卵のタンパク質がベスト。卵白のみになると質が少し落ちてしまう。

作用としては、体内における神経伝達を良くしてくれるような成分。また、筋肉が減るのを防ぐ作用を持っているミオスタチン阻害物質。肝臓や脂肪がたまるのを防いでくれるような作用もある。

あと卵に含まれる脂肪の中にアラキドン酸というものは、摂ると筋肉が増えやすいという報告もある。そういうわけもあり、何からタンパク質を摂るかというとまずは卵があげられる。

2位 鶏肉

まず、安い。

鶏肉の中にはカルノシンが含まれている。特に、鶏の胸肉には疲労回復効果やリラックス作用、糖化を防ぐ作用、いろいろな健康におけるいい面がある。

安いというだけでなくタンパク質も沢山摂れ、健康にもいいのでおすすめ。

3位 ホタテ

ホタテには、コハク酸と呼ばれるアミノ酸の一種のようなものが入っている。

TCAサイクルというエネルギーを生み出す経路の中の重要なサイクルのひとつがあるが、その中にもコハク酸というものがある。なのでホタテを摂ることによって、エネルギーを生み出す時のTCAサイクルがうまく回るようにするということもある。

それだけでなく、脱共役作用があるということがわかってきた。簡単にいうと、体の代謝をあげてくれるもの。つまり、体温を上げてくれるものとなる。

それをちゃんと摂ることいよって基礎代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなる

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....