フィットネス

ケトジェニックダイエット中のチートデイの正しい実践方法

ケトジェニックダイエットは糖質ではなく、ケトン体をエネルギーとする状態(ケトーシス)を維持してダイエットを進める方法です。ケトン体は脂肪を分解して生成されるため、意識的に運動しなくても効率良く減量できます。

しかし、ケトジェニックダイエットを続けると、体重減少が止まるタイミングがあります。
そんなダイエット停滞期に取入れたいのが「チートデイ」です。

今回はチートデイの解説とともに、ケトジェニックダイエット中のチートデイの正しい実践方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

ケトジェニックダイエット中にチートデイを取入れる理由

ケトジェニックダイエットだけではなく食事制限をするほかのダイエットでも、チートデイを取入れる場合があります。
チートデイ(cheat day)とは、直訳すると「ズルをする日」「だます日」という意味です。チートデイは、ダイエット中の食事制限をいったん忘れて、たくさん食事を摂ってもかまいません。

「減量中にたくさん食べると体重が戻ってしまうのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。しかし、ダイエット中に体重が減らなくなったときは、チートデイを取入れる事でかえって体重減少が進むようになります。

チートデイは身体のホメオスタシスを破る事ができる

チートデイの目的は、ホメオスタシスを破る事です。

人間にはホメオスタシスという身体の恒常性を維持する機能があり、ケトジェニックダイエットを続けていると身体が糖質摂取の少ない状態に慣れていきます。つまり、少ないカロリーでやっていこうと「省エネモード」に入り、ダイエット初期のように脂肪燃焼ができなくなります。

そこでチートデイを入れて糖質を中心に大量のカロリーを摂取する事で、身体をチート(だます)します。多くのカロリー摂取する事に身体が慣れた後、再びケトジェニックの食事に戻せばホメオスタシスを破る事ができます。

しかし、チートデイだからといって、制限なく何でも自由に食べても良いわけではありません。これまでの努力が無駄にならないためにも、次の章で紹介する実践ポイントを確認して、正しくチートデイを過ごす事が重要です。

ケトジェニック中のチートデイ実践ポイント

ケトジェニックダイエット中のチートデイを実践する際のポイントは次の2つです。

  • 十分なカロリーを摂取する事
  • 2日間チートを続ける事

具体的にはどのような事に気をつければ良いか、以下で詳しく確認しましょう。

十分なカロリーを摂取する事

ケトジェニックダイエット中のチートデイで一番気をつけたい点は、糖質のみで十分なカロリーを摂取する事です。
減量中にカロリーを多く摂るのは勇気が必要です。ましてや糖質は、一生懸命我慢して控えている人もいるかもしれません。しかし、怖がって中途半端なチートデイを過ごすと、ただ多めにカロリー摂取しただけの日になります。

チートデイで摂取したい糖質は、体重1㎏あたり6gを目標とします。体重が70㎏の人で420g、60㎏の人で360gです。420g分の糖質となるとごはん10杯分となります。

チートデイはできるだけ糖質のみでカロリー摂取し、たんぱく質や脂質をあまり摂らないのもポイントです。しかし、糖質のみでのカロリー摂取が難しい人も多いでしょう。その場合は、少しの脂質ならば摂ってもかまいません。ただし、揚げ物などはお腹に溜まるため、たくさんの量を食べられなくなるおそれがあるので控えましょう。

2日間チートを続ける事

チートデイを2日間続ける事も実践するうえでのポイントです。
目安の「体重1㎏あたり6gの糖質摂取」を2日間続けると、肝臓に十分な量のグリコーゲンが蓄積され、多くのカロリー摂取する事に身体が慣れます。その後、再びケトジェニックの食事に戻せばホメオスタシスを破り、体脂肪を減らしやすくなるでしょう。

ケトジェニックダイエットでは、たんぱく質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)のバランスが重要です。この割合を「PFCバランス」と呼びます。

ケトジェニックダイエットで推奨されているPFCバランスは、以下のとおりです。

  • たんぱく質(Protein):3割
  • 脂質(Fat):6割
  • 炭水化物(Carbohydrate):1割

「PFC=3:6:1」のバランスを意識してケトジェニックダイエットに取組み、体重減少に成功できたらうまくチートデイを取入れましょう。

まとめ

チートデイは、ケトジェニックダイエット中の体重減少が停滞したときに取入れたい「身体のホメオスタシスを破る方法」です。

カロリーや糖質が少ない状態に慣れている身体に対して、多くのカロリー摂取を与えた後、再びケトジェニックの食事に戻せばホメオスタシスを破り、体脂肪を減らしやすくなるでしょう。

ただし、正しい方法で実践しなければチートデイの意味がありません。チートデイを実践するポイントは、以下の2点です。

  • 十分なカロリーを摂取する事
  • 2日間チートを続ける事

正しくチートデイを取入れて、体重減少の停滞に悩む事なく減量に取組みましょう。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

山本義徳 筋トレ大学

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....