ダイエット

HIITトレーニングの頻度は週に2~3回!毎日おこなわない理由を解説

効果的なトレーニングとして知られているHIITトレーニングは、短時間で実施できて効果が大きいため、多くのトレーニーが取入れています。

しかし、HIITトレーニングを毎日おこなうのはオススメできません。毎日おこなうとせっかくのトレーニング効果を台無しにしかねないからです。

今回は、HIITトレーニングの最適な頻度を紹介するとともに、毎日おこなってはいけない理由もあわせて解説します。ぜひ最後までお読みください。

HIITトレーニングの頻度は週に2~3回程度がオススメ

HIITトレーニングとはHigh Intensity Interval Trainingの略称で、“ヒート”と呼ばれています。

HIITは、20秒間全力運動を10秒のインターバル(休憩)を挟みながら複数セットを繰返す、いわゆる高強度のインターバルトレーニングです。
非常に負荷の高いトレーニングのため、脂肪燃焼効果も期待できるものの、その分筋肉・心肺機能への負担が大きいトレーニングでもあります。
強化したい筋肉を狙ってHIITをおこなえば、効率の良い身体づくりができます。

このようにHIITトレーニングは多くのメリットがありますが、筋力トレーニングの補強には、毎日おこなうよりも週2~3回程度実施するのがオススメです。
HIITトレーニングは、1回にかかる時間が非常に短いため、時間効率の良い運動です。それゆえに、毎日でもできる・やりたいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、HIITは強度の高いトレーニングのため、毎日おこなうとかなりの疲労が溜まってしまいます。
筋肉疲労は1日では完全に取除けません。疲れが残っている状態でトレーニングすると、パフォーマンスの低下やケガにつながります。
HIITに限らず、多くのトレーニングの効果を引出すにはしっかりとした休養が必要です。

特にトレーニングを始めたばかりの人・やる気に満ち溢れている人は、どうしても毎日おこなってしまいがちですが、トレーニング効果を高めたいなら、毎日ではなく週に2~3回のペースでおこなうのが最適です。

身体づくりは一朝一夕ではいかず、コツコツと長期間にわたって取組む必要があります。意識的に適切な休養を摂れば、より効率的なトレーニングが可能になります。

HIITトレーニングは以下の動画でも解説しています。ぜひ参考にしてください。

HIITトレーニングを毎日おこなわないほうが良い理由

ここからは、HIITトレーニングを毎日おこなわないほうが良い理由をさらに詳しく紹介します。

疲労が溜まるため毎日おこなうのはツラい

HIITは強度の高いトレーニングのため、毎日おこなうと日常的に疲労が溜まっていく恐れがあります。疲労が蓄積していると、気分的にもモチベーションが下がる可能性も出てきます。

HIITは短時間のトレーニングとはいえ、筋肉や心肺機能などの身体にかかる負担が大きいので、毎日おこなうのは避けるべきでしょう。

ケガのリスクが高まる

HIITは「20秒間全力で動き・10秒間休む」というトレーニングを短時間で繰返す強度の高いトレーニングのため、無理しておこなうとケガのリスクが高まります。
身体に溜まる疲労の量も相当のものです。ケガ予防のためにトレーニング前後のストレッチは欠かさずにおこなうようにしましょう。

疲れがやわらぐまではある程度時間がかかるため、トレーニングは毎日ではなく、週に2~3回実施するのが効果的なやり方です。

ただし、HIITを続けるうちに体力がついてきて、疲労が残っていない状態になったら、トレーニング頻度を上げるのも良いでしょう。

まとめ

HIITトレーニングは、短時間でできる超高強度トレーニングです。1回が非常に短い時間で終わるので、毎日やりたいという人もいるでしょう。
しかし、身体のメカニズムや疲労を考えると、毎日やるのではなく、週に2~3回おこなうのがベターです。

トレーニングのやりすぎはケガを引起こす恐れがあり、無理をして実施したがために、長期間トレーニングできなくなる可能性もあります。

そのような事が起きないよう、しっかりと休息を摂りながらトレーニングをおこなうのが重要です。
結果を急がず、長期的な視野に立った無理のないスケジュールをもって取組むようにしましょう。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....