トレーニング

山本義徳先生が、スミスマシンをつかった”ベンチプレス”をご紹介

ベンチプレスがなかなか伸びないという方。山本義徳先生流、スミスマシンを使った『ベンチプレス』のコツをお伝えします。正しいフォームで行うことで、以前よりも確実に筋肉に効かせることができますよ。

ベンチプレスで鍛えられる筋肉

・大胸筋

・三角筋

・上腕三頭筋

逆三角形の男らしい格好のいい体を目指す人にはもってこいの種目。

フラットベンチプレス

POINT

1.肩を大きく動かさないこと

2.胸を張った状態で肩を後ろに引く

3.肩を引いたまま前に押していく

上記を意識した上で、その動作のままベンチプレスを行う

バーを降ろす位置と手幅

バーは、胸とみぞおちの間の剣状突起という骨の所にバーが降りるようにする。

手幅は前腕が地面と垂直になる位置に。ストッカーからバーが外しにくくなってしまうので、手首を寝かせた状態でバーを持つ。そして外してから手首を返す。

息を吸いながらバーを下ろし、ゆっくりと上げていく。肩が前にでないように意識し、肩をしっかり引いた状態で上げていく。

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....