フィットネス

『101理論』を山本義徳先生が徹底解説!

トレーニングを頑張っているのに身体がなかなか変化してくれない、むしろ重量が下がってしまった…という方はこちらの記事を参考にするといいかもしれません。”トレーニングのしすぎ”が原因かも?

『ホメオスタシス』について

私たちの体は、ホメオスタシスという性質を持っている。

ホメオスタシスとは、
体内環境を一定の状態に保とうとする性質、恒常性ともいう。

例えば、
トレーニングをしてもホメオスタシスの範囲内であるとあまり体はかわらない。
つまり、打ち破るような変化を与えることが必要になる。

101理論とはつまり…

日常が0で、変化の上限が100だとする。
それを少しでも打ち破ることができたら体は変わる。それが101理論。

90だと範囲内なので変わらない。

大事なのは時間と強度。

ゆっくりやって、長い時間できるような運動は100を超えない。3、4時間できるトレーニングは超えていない。強度の低いものということになる。100を超えるようなトレーニングは長時間できない。

強度が高く、時間が短いトレーニングがホメオスタシスを打ち破ることができる。

1回でも打ち破れば筋肉を発達させるシグナルが送られる。なので、トレーニングをやりすぎる必要はむしろない。

まとめ

・トレーニングの頑張りすぎはむしろよくない

・強度が高く、短時間で行えるトレーニングが効果的

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....