栄養・食

ベータアラニンフラッシュは身体へ悪影響がある?

ベータアラニンは、トレーニング後の筋疲労や筋肉痛の軽減などの効果が期待できます。バルクアップやスポーツを楽しむ人はぜひ摂取したい成分だといえるでしょう。

一方、ベータアラニンを飲むと、肌にピリピリ感が生じる「ベータアラニンフラッシュ」という症状が出る事があります。健康上の問題はありませんが、気になる人・不安になる人もいるでしょう。
そこでこの記事では、ベータアラニンプラッシュについて詳しく紹介します。身体への悪影響が心配な人はぜひ参考にしてください。

ベータアラニンフラッシュとは?

ベータアラニンフラッシュとは、ベータアラニンを飲んだときに肌にピリピリする感覚が生じる症状を指します。ベータアラニン摂取から5~10分程度で症状が現れるといわれていますが、人によっては飲んですぐであったり、症状が出なかったりと、個人差があります。
症状が出る場所にも人によって異なり、手のひら・指先・眉毛のあたりとさまざまです。

ベータアラニンフラッシュはベータアラニンの特徴であり、身体への悪影響はないという研究結果が報告されています。
むしろ、ベータアラニンフラッシュのピリピリ感こそが、疲労のもとになる乳酸を体外へ排出してくれているとの報告もあるようです。このピリピリ感を求めてベータアラニンを摂取する人もいるともいわれています。

ピリピリする感覚は、時間経過とともに治まるので安心してください。

ベータアラニンフラッシュが苦手な人は複数回に分ける

人によって、ベータアラニンフラッシュのピリピリ感を覚える感覚は異なります。健康上の問題がないとはいえ、ピリピリとした刺激を強く感じる人・ピリピリ感が苦手な人もいるでしょう。

しかし、ベータアラニンフラッシュが苦手だからといって摂取を止めるのは、非常にもったいないです。筋疲労や筋肉痛の軽減により、強度の高いトレーニングや長時間の運動ができるのはトレーニーにとってはまさに願ったり叶ったり。上手に活用して、身体を追い込んでいきたいところです。

ベータアラニンを1度に800mg以上摂取すると、ベータアラニンフラッシュが起こりやすいといわれています。ベータアラニンフラッシュが苦手な場合は、サプリメントなどのベータアラニン含有量を把握して、1度に飲む量を調整するようにしましょう。

ベータアラニンの1日の摂取量の目安は、2~3gです。

この量を1度に飲むとベータアラニンフラッシュも起こりやすいため、症状が気になる人は1回分を複数回に分けて摂取するのがオススメです。

ベータアラニンには持久力を高める効果がある

ベータアラニンフラッシュという、人によっては苦手と感じる症状が現れるとしても、ベータアラニン摂取をオススメするのは、もちろんその分、うれしい作用があるからです。

ベータアラニンはアミノ酸の1種で、体内で必須アミノ酸である「ヒスチジン」と結びつき「カルノシン」という物質を作り出します。

おもに高強度トレーニングなどの運動後は、筋肉中に乳酸が蓄積します。乳酸自体は疲労物質ではないものの、筋肉のpH値を下げる(筋肉を酸化させる)ので、筋肉の収縮を妨げ、運動を継続する事を難しくしてしまいます。

カルノシンには、乳酸を減らす働きがあり、筋肉の酸化を防ぐとされています。この作用により持久力を高める効果が期待でき、さらに強度を上げたトレーニングや長時間の運動が可能になるのです。

ベータアラニンは『VALX EAA9』に含まれる

山本義徳先生監修の『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』には、体内で生成できない9種類の必須アミノ酸に加えて、ベータアラニンも含まれています。その含有量は、1回分(約25g)中に3,000㎎です。

1日のベータアラニン摂取量の目安が2~3gなので『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』の1回分の摂取で、1日に摂りたいベータアラニン量をクリアできます。また『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』は、筋肉の合成に必要な必須アミノ酸9種類もすべて摂取できるので、トレーニング中のワークドリンクに最適です。

筋肉の合成を促しながら、長時間あるいは強度の高いトレーニングに励むといった効率的なトレーニングを実践したい人はぜひ活用してください。

まとめ

ベータアラニンは、トレーニングに励む人・スポーツでのパフォーマンスを上げたい人にぜひ積極的に摂ってほしい成分の1つです。ただし、摂取後に「ベータアラニンフラッシュ」と呼ばれる、手のひらなど肌がピリピリする症状が生じる事があります。

症状が出る人・出ない人、症状が強い人・弱い人と、程度には個人差がありますが、時間の経過とともにピリピリ感はなくなるので安心してください。1度の摂取で800㎎以上飲むと症状が出やすいとされています。

ベータアラニンフラッシュは、健康上の問題はないので心配する必要はありません。ピリピリ感が気になる人は、複数回に分けて摂取する、摂取量を減らすなど様子を見ながら飲むようにしましょう。
効率的なトレーニングのために、ぜひベータアラニンを活用してみてください。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/valx_official/

....