フィットネス

プロテインやサプリを活用するなら知っておきたいインフォームドチョイスとは

プロテインやサプリメントを選んでいるとき「インフォームドチョイス」という表記やロゴを見たことはないでしょうか?インフォームドチョイスは、ドーピングにならないサプリメントを選ぶ際に重要となる指標です。

今回は、インフォームドチョイスとアンチドーピングについて詳しく紹介します。プロ・アマチュア問わず、競技スポーツに関わる人は必ず知っておきたい内容となっているので、ぜひ読んでみてください。

まずはアンチドーピングについて知ろう

インフォームドチョイスを知るためには、アンチドーピングについてしっかりと理解しておく必要があります。そこでまずは、アンチドーピングについて解説していきます。プロテイン利用の際に気をつけたいポイントにもなるので、よく押さえておきましょう。

アンチドーピングとは

アスリートが運動能力向上のために、禁止薬物を利用するドーピングは、発覚すれば大問題となる違反行為です。
対象となる禁止薬物は、世界アンチドーピング機関(World Anti-Doping Agency/WADA)が規定に基づき指定します。禁止薬物は毎年公表され、新たに薬物が指定されることもあります。

アンチドーピングは、言葉のとおり「ドーピングに反対する・対抗する」という意味で、禁止薬物を摂取したあと「禁止薬物とは知らなかった」とならないようにする取組みです。
アスリートやスポーツ選手の安全・競技の公正を保つ目的でおこなわれています。

アンチドーピング機関

アンチドーピングを推進する団体は、WADAのほか、日本独自の組織もあります。それぞれについて詳しく紹介していきましょう。

  • WADA(World Anti-Doping Agency、世界アンチドーピング機関)
    アンチドーピングを推進する国際的な機関として、1999年に設立されました。世界各国でドーピングの根絶・防止のための活動に取組み・国際的な検査基準の統一・ドーピング違反に対する罰則・制裁手続きの統一などをおこなっています。
  • JADA(Japan Anti-Doping Agency、日本アンチ・ドーピング機構)
    2001年に設立された、日本国内で活動するアンチドーピング機関です。WADAなどと連携して、国際大会だけでなく、国内大会・ジュニア大会などでもドーピングに関する情報提供や指導・啓発活動を実施しています。

世界ドーピング防止規定

2003年に、ドーピングに関する世界基準の規定「世界ドーピング防止規定」(World Anti-Doping Code)が採択されました。このルールに基づいて、ドーピングに関する判断がおこなわれています。

規定では「採取した尿や血液に禁止物質が存在していること」「検査を拒否すること」など、10個の規則違反事項が定められています。これらに違反するとアスリートや、違反の種類によってはサポートスタッフにも罰則が課せられます。

2021年1月1日からは、アンチドーピングの世界的ルールが変わることが決定しています。

インフォームドチョイスとは

アンチドーピングについてわかったところで、ここからはインフォームドチョイスについて紹介します。

世界最大のアンチドーピング認証プログラム

インフォームドチョイスとは、世界最大のアンチドーピング認証プログラムで、LGC社(Laboratory of Government Chemist)が運営しています。同社はドーピングに関する研究を50年以上おこない、300を超える論文を発表しているなど、高い信頼と多くの実績を持っています。

LGC社のインフォームドチョイスではWADAが定めている国際基準に基づいて、製品を分析します。「ドーピング対象にならない」ことを証明できるものとして、世界各国の主要サプリメントブランドがインフォームドチョイス認証を取得しているのです。

インフォームドチョイス認証後も、LGC社は1か月に1度独自に製品を購入し、抜き打ちチェックをおこなっています。

インフォームドチョイスの認証メリット

インフォームドチョイスの認証を取得すると、多くのメリットがあります。具体的には以下があげられます。

  • グローバルスタンダード:世界基準を満たしていることを証明できる
  • 定期的分析:LGC社による月1回の検査を受けていることが保証される
  • 認証:アスリートだけでなく、アマチュア選手や一般の消費者にも高品質を提供できる
  • 保証:高い品質を保証できる
  • 認知度:世界の競技団体から知られている
  • コミットメント:認証している製品に対し責任を持っている
  • 品質:アスリートや一般消費者に対し、品質を保証する

こうしたメリットがあることから、多くのサプリメントメーカーが、インフォームドチョイスの認証を目指しています。

まとめ

インフォームドチョイスは、国際的なアンチドーピング機関であるWADAの決めたルールに基づいて認証される、世界最大のアンチドーピング認証プログラムです。
長年ドーピングに関する研究を続けてきたLGC社が検査・認証しており、プログラムの信頼性を保っています。

インフォームドチョイスを取得すると、世界基準で認められたことを証明できます。認証を受けた商品は消費者も安心して服用できるのです。

『VALX EAA9(イーエーエーナイン)』は、インフォームドチョイス認証を取得している、信頼できるサプリメントです。9種類の必須アミノ酸を高濃度で含有しているため、トレーニングの効果を高めたい人はぜひ、試してみてください。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

山本義徳 筋トレ大学

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....