フィットネス

プロテイン=まずいは過去のイメージ?プロテインを美味しく飲む飲み方とは

プロテイン=まずいは過去のイメージ?プロテインを美味しく飲む飲み方とは

「プロテイン=まずい」というイメージがある人はいないでしょうか?
確かに以前、プロテインはあまり美味しくない物も多くありましたが、それはもう過去の話です。

現在のプロテインは大きく進化し、美味しく飲めるプロテインも多くあります。また、飲み方を工夫することで、より飲みやすくすることが可能です。

この記事では、プロテインの美味しい飲み方やプロテインの選び方を解説します。

プロテインの味はまずい?美味しい飲み方とは

一昔前のプロテインは、たんぱく質特有の粉っぽさがあり、水に溶けにくく、普通のドリンクのように美味しく飲めない物が多くありました。

しかし、現在販売されているプロテインは、工夫が凝らされ飲みやすくなっています。粉っぽさも改善されており、シェイカーの中でダマになることもなく、キレイに溶けます。

「プロテイン=まずい」イメージは、もはや過去の物となっています。

美味しさの重要性

プロテインは継続的に摂り続けることで効果を発揮します。

毎日飲み続けるためには「これなら長く飲める」と満足できる味のプロテインを探すことが大切です。選ぶ際は、評判や口コミが参考になりますが、自分に合う味かどうかは実際に飲んでみないとわかりません。そこで、まずは小容量のタイプから購入し、味が気に入ったら量を増やしてもいいでしょう。

継続するために自分に合ったプロテインを選ぶことが大切です。

美味しいプロテインの選び方

プロテインを初めて飲む人や、まだ飲むことに抵抗がある人は、コンビニやスーパーなどで購入できるプロテインバーやドリンクからプロテインを選ぶとよいでしょう。粉末タイプよりも手軽に利用でき、すでに飲みやすく(食べやすく)作られているためです。

慣れて粉末タイプに挑戦するときは、水に溶けやすく、かつ味つきのフレーバータイプを選びます。水に溶けやすいタイプは、プロテイン独特の風味を誤魔化しやすいからです。

フレーバータイプは、商品によってはココア味・いちご味・レモン味など複数の種類があります。プレーンタイプより飲みやすく、いくつかの種類を用意しておけばフレーバーを変えることで飽きがきにくいためオススメです。

より美味しく飲むためのプロテインアレンジ方法

現在の主なプロテインは水と混ぜるだけでも十分美味しく飲めますが、ほかの飲み物と混ぜたり料理に使ったりすると、より美味しく飲めます。

牛乳や豆乳などのほかの飲み物と混ぜる

プロテインを溶かす水の代わりにほかの飲み物を使うことで、簡単に味わいを変化させられます。例えば、牛乳・豆乳・アーモンドミルクなどで割ると、ミルクココアやシェイクのようなおやつ感覚で飲めるでしょう。

ほかにも、紅茶やジュースなどで割る方法もあります。ただし、糖分の入った甘い飲み物を混ぜて飲みすぎるとカロリーオーバーにつながるので、飲みすぎに注意してください。

料理に加える

プロテインは、加熱しても栄養価に影響はありません。味噌汁やスープに加えたり、パンケーキの材料に加えたりとアレンジを楽しめます。料理の調味料によってプロテイン独特の匂いや味が気になる人も、美味しく摂取できるでしょう。

楽天ランキング5冠達成『VALX ホエイプロテインWPI パーフェクト』

ここで、VALX販売のプロテイン『VALX ホエイプロテイン WPI パーフェクト』についてご紹介します。

楽天ランキングで5冠を達成した『VALX ホエイプロテイン WPI パーフェクト』はYouTubeの登録者数30万人を超える人気トレーナー山本義徳先生監修のホエイプロテインです。乳糖や乳脂など無駄な成分を取り除き、高いたんぱく質の含有量を実現しています。

味の種類によってたんぱく質含有量は異なりますが、プレーン味はたんぱく質96.4%で、そのほかの味でも90%以上のたんぱく質含有量を誇ります。

味の種類は、プレーン味・チョコレート風味・ストロベリー風味・ライチヨーグルト風味・バナナ風味と種類も豊富なので、気に入ったフレーバーが見つかるはずです。

プレーン味は甘味料不使用でくどさがなく、スッキリした飲み口が特徴。えぐみや牛乳臭さも抑えているので、プレーン味が不慣れな人でも美味しく飲めます。豆乳などで割ったり、料理に使ったりするのもオススメです。

乳糖をほとんど含んでいないため、牛乳でお腹を下してしまう人でも、一気に大量に飲まないようにすれば安心して継続して飲むことが可能です。

まとめ

プロテインの味は進化しており、今は以前のようにまずいイメージを抱く必要はありません。

もし苦手と感じた人でも、牛乳と混ぜてみる・プロテインバーから始めてみる・お菓子や料理に混ぜて食べてみるなどさまざまな工夫をすると美味しく摂取できます。

プロテインは効率よくボディメイクができる筋肉のサポート係です。飲むだけで良いわけではありませんが、美味しく飲む工夫をして毎日飲み続けられるようになれば、理想のボディに近づけるはずです。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

山本義徳 筋トレ大学

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....