フィットネス

プロテインを飲むと髪の毛にどのような効果があるのか?

最近では、身体を鍛えている人以外にも、プロテインの持つさまざまな効果に注目する人が増えています。

身体への効果が期待されているなかで、プロテインが髪の毛に対しても有効なのではないかという説も少なくありません。例えば、プロテインサプリメントの主成分であるたんぱく質によって、抜け毛を予防できたり、髪の毛が伸びやすくなったりするという内容です。

しかし、プロテインが本当に髪の毛に効果があるのか疑問視する人方もいるでしょう。そこで今回は、プロテインを飲む事で髪の毛にどんな効果があるのか、具体的に解説します。

プロテインは抜け毛に対して効果はない

抜け毛は、年齢とともに深刻になる髪の悩みです。抜け毛対策として、「たんぱく質を主成分とするプロテインを摂取すると良い」という説があります。

しかし、残念ながらプロテインは抜け毛抑制に対して効果はありません。

髪の毛は主に「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質から構成されています。そのため、プロテインが抜け毛にも良いと思われがちですが、髪の健康を維持するのと抜け毛を抑制するのは別のメカニズムです。

抜け毛には、遺伝や毛髪の成長する周期、・ホルモンバランス・、ストレスなどが深く関係しているため、プロテインを摂取するだけでは、これらの要因を根本から変える事はできません。

ただし、たんぱく質が不足すると、髪の毛に限らず、肌や爪・臓・血液・骨・筋肉など、身体のあらゆる部分を健康に保つための栄養が行き届かない状態になります。

抜け毛の抑制に直接的な効果はありませんが、たんぱく質を摂取しなくても良いというわけではありません。身体全体の健康を維持するには、たんぱく質は欠かせない栄養素のため、栄養補給の一環としてプロテインを摂取するのがオススメです。

髪の毛が伸びる・白髪になるというような効果も確認されていない

プロテインを摂取すると、「髪の毛が伸びる」もしくは「白髪になる」という説があります。

白髪は一般的に遺伝や加齢のほか、ストレス・生活習慣などが原因とされていますが、実際には解明されていない部分が少なくありません。

そのため「プロテインを飲む事で、白髪になる」という説は証明されていません。また「プロテインを飲むと髪の毛が伸びる」という効果も同様に立証されていないのです。

そもそも、食事やプロテインで摂取したたんぱく質は、髪の毛に直接届けられるわけではありません。内臓や血液・細胞・ホルモンなど、生命維持に関わる部分で真っ先にたんぱく質が使われ、髪の毛・肌・爪など、身体の表面部分は最後に回されます。

つまり、髪の毛を伸ばすためにたんぱく質を摂取していても、内臓の不調やホルモンバランスの乱れによって、優先順位の高い部分でたんぱく質の需要が高まれば、髪の毛に届けられる分が不足します。髪の毛の健康を維持するなら、身体全体の健康を目指してプロテインを摂取するほうが良いでしょう。

たんぱく質は1日に50~60gの摂取が推奨されている

厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準」では、1日に推奨されるたんぱく質の推奨摂取量は、18歳以上の男性で約60g、女性で約50gです。

参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

毎日の食事で栄養バランスに気をつけていれば、この量を摂取する事は不可能ではありません。

しかし、費用や手間をかけないインスタントな食事をする人が増えた事もあり、推奨量に達するだけのたんぱく質を摂取できている人は多くありません。野菜を中心とした健康的な食事に見えても、たんぱく質量に注目すると十分な量とはいえないことが多いのです。

実態として現代の日本人は、たんぱく質の摂取量が慢性的に足りていない状況に陥っています。

また、たんぱく質は体内で常に消費されるため、溜めておく事ができません。1日単位だけでなく、1食単位でもたんぱく質量に注意を払う必要があります。

食事だけでたんぱく質量が確保しにくい場合は、食事と食事の間にプロテインを追加する方法を検討しましょう。目安としては、1日20gをめどに小分けにして摂取する事で、1日を通して体内のたんぱく質量をキープできます。また、プロテインを寝る前に摂取するのもオススメです。

まとめ

プロテインを摂取する事で、抜け毛の抑制に直接的な効果があるわけではなく、髪の毛が白髪になる、あるいは髪の毛が伸びるなどの因果関係も証明されていません。

ただし、たんぱく質が不足すれば、全身に栄養が行き渡らなくなるため、髪の毛・肌・爪などの健康を維持できなくなる可能性があります。

1日に必要なたんぱく質量は50~60gです。食事で確保しきれない分のたんぱく質は、プロテインを利用して効率的に補うようにしましょう。

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数30万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 
・最高の健康 科学的に衰えない体をつくる

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

山本義徳 筋トレ大学

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....