フィットネス

トレーニング中に少しずつ飲む!EAAの効果を最大まで高めるために気をつけるべき3つの間違った飲み方!

トレーニング中にEAAを飲む、ということだけではEAAの効果を最大限まで引き上げることはできません。

プロテインなどと同様に、EAAにも1回に飲む量・飲むタイミング・保存方法など注意して欲しいことをいくつか紹介します。
トレーニング効果を高めるために、EAAの良くない飲み方を学び、正しい飲み方を実践してください。

EAAを一気に飲んではいけない

EAA(必須アミノ酸)はプロテインと比べて、体内に消化吸収されるスピードがとても早く、一気に飲むと浸透圧性の下痢を引き起こす可能性があるからです。

  • EAAの消化吸収にかかる時間は、20分~30分程度
  • プロテインの消化吸収にかかる時間は、60分程度

腸内のEAAの濃度が一気に高まると、濃度を薄めるために小腸から水分が分泌されます。
その結果、腸の中の水分量が増えて下痢を引き起こすことがあります。

そのため、トレーニング中に大量のEAAを一気に飲むのではなく、少しずつ飲むようにしましょう。

参考:EAAを飲む時はこれさえ気をつければ問題無し!?山本義徳が徹底解説! – VALX(バルクス)produced by 山本義徳

EAAを食後に飲んではいけない

なぜなら食後にEAAを飲むと、体内への吸収速度が非常に遅くなり、血中アミノ酸濃度が最大になるまで3時間程度かかってしまうからです。

筋肥大を目的としてEAAを飲んでいる場合、血中アミノ酸濃度を一気に高めることが重要なので、ゆっくり吸収されると意味がありません。
しかし、プロテインをうまく消化吸収できない人が、タンパク質を補給する目的として飲む場合、食後に飲んでも問題ありません。

筋肥大を目指して飲んでいる場合は食後には飲まないように注意しましょう。

EAAを作り置きしてはいけない

なぜなら、EAAは栄養が豊富に含まれており、細菌の増殖を助けてしまうからです。
特にトレーニング中、ブレンダーボトルなどに口を付けて飲む際、口の周りにいる細菌がブレンダーボトルの飲み口に付着してしまいます。

細菌などが増えたブレンダーボトルは衛生的な面から見て、危険であるため飲まないようにしてください。

1回のトレーニングで飲みきれる量であれば問題はありませんが、EAAを作り置きする場合、ブレンダーボトルからコップに移してから飲むようにしてください。

まとめ

トレーニング中の良くないEAAの飲み方を紹介しました。

EAAを正しく飲むことでトレーニング効果を高めることができるので、一気飲みや食後、作り置きなどはしないで、正しい飲み方を行ってください。

  • EAAを一気に飲むと、浸透圧性の下痢になる可能性がある
  • EAAを食後に飲むと、吸収速度が遅くなり、筋肥大につながらない
  • EAAを作り置きすると、細菌の増殖を引き起こしてしまう

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー・トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数25万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

山本義徳 筋トレ大学

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....