フィットネス

ローカーボの期間に山本義徳先生が食べている商品とは?健康管理に役立つ!

山本義徳先生は、3〜6週間程度のサイクルで健康のためにローカーボ(糖質制限)ダイエットを行っています。

そこで今回は、現役を引退した山本先生が行っている健康維持のためのローカーボメニューを紹介します。
誰でも簡単に真似ができる内容だと思いますので、ぜひお試しください。

山本義徳先生の減量食

山本義徳先生は、ボディビルダーとして現役を引退しています。
そのため、本格的な減量ではなく、健康のためにローカーボ(糖質制限)を行う時期と、ある程度筋肉を増やすために、好きなだけ糖質を取る2つの時期を交互に行うサイクルで食事を摂っているそうです。

山本先生は、朝食にプロテインクッキーを食べて、昼食にプロテインを摂り、トレーニングをして帰宅していることが多いそうです。
そのため、晩ご飯に糖質を取るか取らないかで、糖質制限か筋肉を増やすのか変わります。

糖質制限の間に食べている食品

ローカーボ食として山本先生が食べているのは、タンパク源である肉・魚・卵・ローカーボスイーツです。

サーロインステーキなどの肉

メインで食べているのはサーロインステーキなどの肉です。
ヒレやハラミなども食べますが、400gのサーロインステーキを食べることが多く、外で食べる場合は400〜500gぐらい食べているとのことです

山本先生は、あまり野菜を食べないことで知られていますが、肉の油で口内がベタベタするため、ロメインレタスやアボカドなども食べるそうです。

サーモンや白身魚などを食べることも多いのだとか。

コストコに売っているナマズ(冷蔵品)をベゲタやカレーパウダーで調理すると美味しく食べることができるそうです。

ベゲタとは、クロアチアの家庭料理で多く使用される、香辛料と数種類の野菜を混ぜあわせた調味料です。

あまり多くは食べないとのことですが、卵も食べるそうです。

ローカーボスイーツ

人工甘味料が苦手な人がいると思いますが、羅漢果(ラカンカ)やエリスリトールはかなり安全な人工甘味料として使用されています。
人工甘味料を使用した生クリームを使用すれば、糖質がほとんどない上、味も美味しいローカーボスイーツが食べられます。

羅漢果(ラカンカ)とは、中国原産のウリ科の果物です。
果実の中にある「テルペングリコシド配糖体」と言われる食物繊維が熟成することで、砂糖のおよそ400倍の甘みが出てます。
食物繊維であるため、体内に吸収されずに排出されます。

まとめ

ローカーボの食事としてステーキ・ナマズ・卵・ローカーボスイーツなどを紹介しました。減量というより、健康管理のために、ローカーボの期間を3〜6週間程度行います。
そして次の36週間は好きに食べると言うサイクルを繰り返すことで体脂肪の少ない状態を維持できているとのことです。

  • 本格的な減量ではなく、健康のためのローカーボ(糖質制限)である
  • ローカーボの期間の食事は、ステーキ・ナマズ・卵・ローカーボスイーツを食べる
  • ローカーボの期間と、糖質を好きに摂る期間をそれぞれ3〜6週間程度設ける

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
また、サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【You Tube】
山本義徳 筋トレプログラム

【SNS】
Twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....