フィットネス

ケトジェニックの食事を安く抑える方法について紹介!

ケトジェニックダイエットについて

ケトジェニックダイエットとは食事から糖質を抑えて、タンパク質と脂質などを中心に摂る食事方法です。
日本ではお米を食べる習慣があるため、ケトジェニックダイエットが広まるのに時間がかかりました。

筋肉を大きくしながら体脂肪を落とすために、タンパク質と脂質から十分な量の栄養を摂らなければなりません。
そのためケトジェニックダイエットでは、お金がかかります。
今回は、山本先生も実践していたお金を抑えながらケトジェニックダイエットができる食材について紹介します。

お金をかけずにケトジェニックをする方法

そもそもケトジェニックダイエットの本質は、いかに脂肪を摂るかです。
ケトジェニックをするために、極端な例として脂を飲むことで可能ではあります。

しかし大切なことはいかにいい脂を摂るかです。
体内で脂肪からエネルギーを取り出すため、身体に悪い酸化した脂などは使わないようにしましょう。
ケトジェニックでは糖質は抑えるため、お米やパスタなどの費用が浮いて、ケトジェニックの食費に充てることができると思います。

いかに脂肪をちゃんと摂るか

魚の油を摂るなら、魚の缶詰

サーモン・アジ・イワシ・さんまなど、魚の脂はケトジェニックに向いているいい脂です。
しかし生魚はお金がかかるため、なかなか手が出しにくいと思います。

そこでケトジェニックでは、いわし缶・鯖缶などの缶詰の値段が安い時にまとめ買うことで、お金を抑えることができます。

イワシ・サバの缶詰

鶏ムネ肉を皮ごとオリーブオイルで

鶏ムネ肉もお金を安く抑えながらケトジェニックすることができます。
ポイントは皮も一緒に食べて、鶏皮の脂を摂ることです。

調理方法は、あまり酸化しない「ごま油」「オリーブオイル」を多めに使用して、皮付きの鶏ムネ肉を焼きましょう。ケトジェニック に向いている良い脂を摂ることができます。

鶏ムネ肉を皮付きで調理する

オリーブオイルを選ぶときの注意点

オリーブオイルを選ぶ時は、あらかじめ調べておき、安心できるオリーブオイルを購入するように心掛けてください。

本来、オリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルとオリーブオイルの2種類に分けることができます。
エクストラバージンオイルは香りや成分の基準を満たした高級品です。
しかし日本には偽物のエクストラバージンオリーブオイルも出回っています。
安すぎるエクストラバージンオリーブオイルは、偽物の可能性があるため注意しましょう。

注意は、オリーブオイルは安物だと偽物がある

まとめ

魚缶詰や鶏むね肉、そしてオリーブオイルやごま油をうまく工夫して使うことが安くケトジェニックを行う秘訣です。

  • ケトジェニックではいい脂を摂ることが重要
  • 鶏ムネ肉・魚の缶詰などを使うことで安価でケトジェニックを行うことが出来る
  • オリーブオイルやごま油も成功の秘訣
  • 但し安いオリーブオイルには注意

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【You Tube】
山本義徳 筋トレプログラム

【SNS】
Twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....