フィットネス

トレーニングシューズを選ぶポイント!ジムで持ち運びやすい紹介!

トレーニング中の靴について

トレーニングシューズはどのようなものを選んでいるでしょうか。
スクワットやベンチプレスなど、どんなトレーニングをするかによって、最適なシューズが変わってきます。

そこで今回は、トレーニングごとのトレーニングシューズの選び方と、オススメのシューズを紹介します。

スクワットに適したトレーニングシューズ

例えばスクワットなら、リフティングシューズが少しかかとが高くなっているため、とてもしゃがみやすいです。
かかとの素材もとても硬いもので出てきているので、クッションのようにぐらぐらすることもありません。

もともとリフティングシューズはウエイトリフティングを行う人が履くシューズですが、スクワットの記録を伸ばしたい人もぜひお試しください。

リフティングシューズの特徴はかかとが高くなっています。
ウエイトリフティングをする時、踏ん張りが効きます。

ぜひリフティングシューズを試して下さい

トレーニングシューズを選ぶときのポイント

ベンチプレスなどのトレーニングでは、あまり踏ん張る必要がないので、ジムで履くシューズはこだわりません。

しかし、滑らないことが一番大事です。
トレーニング中、足が横滑りなどしてしまうと体が安定しません。
体が安定しないと、体の軸がぶれてしまいます。

滑りにくいトレーニングシューズとしては五本指シューズがあります。
五本指シューズは、足の指で地面をしっかりとつかむことによって素足感覚でトレーニングができます。

しかし、五本指シューズは少し強度が弱いことが問題点です。
靴底や布の強度が弱く横方向に力が加わるとダメになってしまうため、五本指シューズは消耗が激しいです。

滑らないことですね

適切なトレーニングシューズの選び方

オススメしたいのが、ワークマンの滑りにくい生地の地下足袋のような商品があります。

ワークマンにあるシューズで、非常に滑りにくく、1000円ととても安い、滑りにくいシューズがあります。

シューズの持ち運びを便利にしたい人は、ワークマンなどの薄くて滑りにくいシューズがありますので、ぜひ選んでいただければと思います。

1000円くらい

まとめ

スクワットやベンチプレスなど、トレーニング種目に応じて、最適なシューズが変わることがお分かりいただけたと思います。

スクワットでは、少しかかとが高くなっているリフティングシューズがオススメです。
かかとの素材がとても硬く、クッションのようにぐらぐらすることがないので、非常にしゃがみやすいです。

ぜひ、トレーニングに合ったシューズを選び、トレーニングの参考にしてください。

  • トレーニングに応じて、最適なシューズが変わる
  • スクワットにはリフティングシューズが向いている
  • ベンチプレスには五本指シューズが向いている
  • ワークマンには滑りにくい地下足袋のようなシューズが売っている

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【You Tube】
山本義徳 筋トレプログラム

【SNS】
Twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....