フィットネス

ハードゲイナーが筋トレの効果を高めるために気を付けること!

今回は筋肉がつきにくい人がいかに筋肉をつけるかについて

筋トレをしていても、なかなか効果を実感できない人もいると思います。

トレーニングをしても、筋肉が大きくなりにくい人のことをハードゲイナーと呼びます。
ハードゲイナーの人は、日常生活でなにに気を付ければ、筋肉を大きくできるのかご存知でしょうか?

そこで今回は、筋肉がつきにくいハードゲイナーの人が、日常生活やトレーニング中に注意していかに筋肉をつけていくかについて説明します。

筋肉がつきにくいハードゲイナーとは

筋肉がつきにくいハードゲイナーの人は、日常生活で無駄にエネルギーを使ってしまい筋肉に栄養を持っていくことができていません。

そのためハードゲイナーの人にとって一番大事なことは、いかに筋肉に栄養を持っていくかです。

ハードゲイナーとは本来、「食べている割に筋肉がつきにくい体質」のことを指すボディビル業界の用語です。

痩せ型のハードゲイナーの人の日常生活はかなり活動的です。 逆に筋肉がつきやすい、あるいはちょっと太りやすい人の日常生活は、あまり活動的ではなく、だらんとしてあまり動かないことが多いです。

そのため、ハードゲイナーの人が筋肉を増やすためのポイントとして、日常生活でいかに動かないでいるかです。 余計なカロリーを使わずに、筋肉に栄養が使われるようにするためです。

例えば、階段を登るのではなく、できるだけエスカレーターやエレベーターを使う、時間がある時はできるだけ横になるなど、余計なカロリー消費を抑えることが大切です。

ハードゲイナーの人というのは結構他でエネルギーを使っちゃうんです

トレーニングでの注意点

トレーニングはできるだけ、消費カロリーを抑えるようにしましょう。 できるだけ、少なめのセット数で集中してトレーニングを行い、休む時間を増やすようにしてください。

いかにカロリーを消費しないで、十分に筋肉に刺激を与えるかが大切です。

トレーニングにおける消費カロリーを減らすことですね

カロリーをしっかり摂取する

ちゃんと食べていないと、どんなに消費カロリーを抑えても意味がありません。
逆にビッグマックなどは簡単に太れそうな気がしますが、一回食べるとお腹に溜まり、他の必要な食事が食べられないことがあるため、消化の良いものを頻繁に食べましょう

消化の良いリゾットやうどんなどを多めに食べることで、次の食事も取ることができます。
そうすれば、カロリーを簡単に取ることができるため、ハードゲイナーの人でも、うまく筋肉を大きくすることができます。

ほかにもミキサーにプロテイン・バナナ・果物・アイスクリーム・蜂蜜などを入れると、カロリーとタンパク質の多いシェイクができます。
液体だと簡単に消化できるため、簡単にカロリーを取ることができ、胃腸への負担も少なくなります。
ハードゲイナーの方はこのマッスルシェイクも是非試してみてください。

ここで大事なのが消化のいいものを食べることです

まとめ

ハードゲイナーの人は、筋肉に栄養がいくように静かにして過ごす生活を心がけてみてください。
消費カロリーを減らして、効率的なバルクアップを目指しましょう。

  • 日常生活で無駄にエネルギーを使わないように注意する
  • トレーニングは少ないセット数で行い、休憩をとる 
  • リゾットやうどんなどの消化の良いものを食べて、カロリーをしっかり摂る

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【You Tube】
山本義徳 筋トレプログラム

【SNS】
Twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....