フィットネス

減量中は果物を食べ過ぎないほうがいい!?注意する食べ物を3つ紹介!

今回は減量の時に食べてはいけない食べ物

山本先生が選んだ、減量時に食べすぎない方がいい食べ物とはなんでしょう?

果物は健康的なイメージがあると思いますが、減量中に食べても問題はないのでしょうか?また、山本先生のような甘い食べ物が好きな人は、和菓子と洋菓子のどちらを避けた方がいいのでしょうか?

今回は、減量中に脂肪を絞るために、あまり食べすぎない方がいい3つの食べ物を紹介します。

果物は避けた方がいい

果物には果糖が多く含まれているため、減量中に取ってしまうと糖分の摂りすぎになってしまいます。

健康的なイメージがあり美味しいのですが、食品成分表を確認すると果糖が入っているため減量時はできるだけ避けた方がいいです。

果物は甘くて美味しいため食べ過ぎてしまう恐れがあります。
果物から糖質を摂るより、でんぷん質のご飯やパスタから糖質をしっかり摂った方が、身体のエネルギーになります。

果物はできるだけ減量の時には避けた方がいいと思います

お菓子、特に洋菓子が太りやすい

洋菓子には糖質と脂肪が含まれているため、脂肪がつきやすいです。

ケーキなどの洋菓子には砂糖と脂肪が一緒に含まれており、食べてもなかなか食欲は収まらず、摂取カロリーも多くなります。
そのためできれば洋菓子は避けた方が良いです。

どうしても食べたければ、羊羹(ようかん)のような和菓子がオススメです。
和菓子は、主に糖質が含まれていますが、脂肪はあまり入っていないので、洋菓子ほど太りやすくないと思います。

洋菓子の方がむしろ太りやすいと言えます

果汁100%ジュースも避けたほうがいい

果汁100%ジュースは果物と比べて、繊維質が含まれていないため、非常に早く体内に吸収されます。
バルクアップ中、体内に吸収された砂糖や果糖は体の代謝を乱してしまい、中性脂肪を増えやすくします

そのためそのため、バルクアップ中の減量期にはできるだけ100%ジュース類は避けた方がいいと思われます。

ジュース類はできるだけ避けた方がいいと思われます

まとめ

体脂肪を絞る減量中に避けた方がいい食べ物として果物・洋菓子・果汁100%ジュースを紹介しました。
糖質を取る場合は、果物ではなくご飯やパスタから摂ることがオススメです。

減量中に避けた方がいい食べ物はほかにもありますが、今回は3つの食べ物を紹介させていただきました。

・果物には果糖が多く含まれているので避けた方がいい
・洋菓子には糖質と脂質が含まれているので脂肪になりやすい
・果汁100%ジュースも避けた方がいい

監修者情報

山本義徳

山本 義徳(やまもと よしのり)
静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月に開設したYouTubeチャンネル『山本義徳 筋トレ大学』は登録者数25万人を超える。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)
・アスリートのための最新栄養学 (下) 

【You Tube】
山本義徳先生の知識と経験に基づいたトレーニング方法や、プロテインやサプリメントの情報を科学的根拠(エビデンス)に基づいて、YouTube動画を随時更新しています。

山本義徳 筋トレ大学

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....