フィットネス

BMAL1という時計遺伝子が夜中の食事を太らせる?グリコーゲンに着目して説明!

寝る前の食事は太るのかについて

夜中の食事が太りやすいと言われていますが本当でしょうか。
最近では、BMAL1(ビーマルワン)という時計遺伝子が脂肪を溜め込んで増やすことが知られています。

しかし、BMAL1が肝臓の脂肪を増やしたという報告はありますが、体脂肪を増やしているかについては触れられていません。

今回はなぜ寝る前に食事をすると太ると言われているのかについて説明したいと思います。

夜中の食事が太るといわれる理由

夜中の食事が太る理由は、BMAL1という時計遺伝子が夜中に増えることが関係していると言われています。

しかし、正確に論文を読むと、マウスのBMAL1が肝臓の脂肪を増やしたという報告ではありますが、BMAL1が体脂肪を増やした、という報告ではありません。

そのBMAL1というのはですね夜中に増えます

BMAL1ではなく、体内のグリコーゲン量が関係する

最新の研究では、夜中の食事が太りやすい原因として体内のグリコーゲン量が関係していることがわかりました。

グリコーゲンは筋肉・肝臓・血中などに蓄えられます。
グリコーゲン量が不足している場合は、夜中に食事をしてもグリコーゲンとして蓄積されて、体脂肪が増えることはありません。

グリコーゲンとは、筋肉に蓄えられる糖の一つで、筋肉の収縮に使用されるエネルギー源です。

実はグリコーゲンの量がとても関係しています

体内のグリコーゲンを使い切れば、体脂肪は増加しない

夜中にトレーニングを行い、体内にあるグリコーゲンを全て使い切った場合、夜中に食事を摂っても体内のグリコーゲンの回復に使われるため、体脂肪は増加しにくいということです。

その後食事をしても食べたものはグリコーゲンの回復に使われるんですね

グリコーゲンが体内に残っていると、体脂肪が増加しやすい

トレーニングをしていない場合、体内にグリコーゲンが残っているため、夜中に食事を摂るとグリコーゲンがあふれて体脂肪に変わります。

例えば朝食をたくさん食べても、日中の活動でグリコーゲンとして全て使われて、体脂肪が増えることはないと考えられます。

グリコーゲンが溢れてしまいます

食事は運動の前後がオススメ

夕食に炭水化物を摂ったほうが太らないというような報告もありますが、正確には体内に溜まっているグリコーゲン量が重要と考えてください。

仕事などで忙しく、夜にトレーニングをしている人が炭水化物を抜くとエネルギーが不足してしまいます。
トレーニング中はグリコーゲンが消費されるため、トレーニングと近い時間帯で食事を摂ることで、食べたのもはのグリコーゲンの回復に使われます。

一方で、トレーニングをしない時間は糖質の摂取量を減らして、体内のグリコーゲンが溢れないようにすることで、体脂肪の増加を防ぐことができます。

大事なのは運動をする前と後に糖質を摂る

まとめ

BMAL1という時計遺伝子の働きで寝る前の食事は必ず太るわけではありません。
重要なことは体内のグリコーゲン量です。
体内のグリコーゲンが溢れないように注意することで、体脂肪が増える心配がなくなるので、太る心配はありませんので、ぜひお試しください。

  • BMAL1という時計遺伝子が夜中に増えるが体脂肪の増加には直接関係しない
  • 体脂肪の増加には、体内のグリコーゲン量が関係する
  • 体内のグリコーゲンが溢れると体脂肪に変化する
  • 運動後は体内のグリコーゲン量が減っているため、食事をしても太らない

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
また、サプリメントにも精通しており、サプリメント博士の異名を持つ。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【You Tube】
山本義徳 筋トレプログラム

【SNS】
Twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....