フィットネス

関節がポキポキなってしまうのはなぜ?悪影響は?山本義徳氏が徹底解説!

関節をならすと骨が太くなる、なんてこと聞いたことはありませんか?本記事では関節がなる理由と、なることによる影響についてお伝えいたします!

関節がなる仕組み

関節がなるかどうかは関節の中の圧力が関係する。関節に強い圧力をかけられるかどうかで音が鳴るかどうかが変わってくる。

どういうことかと言うと、関節に強い圧力をかけるとその時にガスが発生する。ガスが発生し気泡ができ、その泡が弾ける音が骨のポキポキなる音。

影響はあるのか?

普通に泡が弾けるだけであれば特に問題は無いが、泡が弾けていくとその衝撃が骨に伝わってしまう。その衝撃が何度も加わっていくと骨が太くなってしまう可能性があり、逆に痛めてしまうようなこともあり得る。

神経も圧迫してしまうので、出来ればあまりならし過ぎない方が良い。

関節にガスが溜まることが音の鳴る原因だと言われてはいるが、あくまでも仮説。仮説とはいえ、納得のできる理論でもあるので関節の安全のためにもならさないことをおすすめする。

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....