フィットネス

長時間トレーニングはNG!?山本義徳氏が勧めるトレーニング時間とは

早く筋肉をつけたいからとつい、何時間もトレーニングをしてしまっていませんか?筋肥大を目的としているのなら、長時間のトレーニングはむしろ逆効果になってしまうかもしれません。

山本義徳氏の『トレーニングの時間と頻度』

山本義徳氏のトレーニング時間は現在、週1-2、多くて3回。そして、1回のトレーニングにかける時間は1時間と決めている。

もちろん、上記の頻度でも筋肉は十分にキープできている。

多くのトレーニーの方は、1日に2時間-3時間と非常に長い時間トレーニングをしてしまっているかと思うが実はかなり意味がないことである。

長時間のトレーニングは意味がない?

長い時間トレーニングができるということは、マラソンを2,3時間走りっぱなしの状態と同じこと。

ウエイトトレーニングという筋肉を増やすことを目的としているトレーニングは、無酸素運動。しかし、何時間も行うとなると”有酸素運動”と同じになってしまう。

有酸素運動になってしまうということは、エネルギーの発揮形態が違うということになる。

長時間トレーニングをするということは…?

長い時間トレーニングすると筋肉は、その長いトレーニングに慣れていく。長い時間のトレーニングになれた筋肉というのは要は遅筋繊維

しかし、肥大しやすいのはあくまでも速筋繊維

なので、長い時間トレーニングできるということは速筋繊維の刺激ではなく、遅筋繊維の刺激になってしまう。となると発達への刺激という点では意味がないことになってしまう

また、長い時間のトレーニングはコルチゾールや、筋肉を分解してしまうホルモンを増やしてしまう。大体75分程のトレーニング時間が目安だと言われているが、75分を大幅に超えてしまうようなトレーニング時間だとコルチゾールがどんどん増えてしまい、テストステロンも落ちてしまう。

そうなると、筋肉はむしろ減っていってしまうということにもなる。

重要なのは”強度”

長い時間のトレーニングができるということはトレーニングの強度、インテンシティとしては弱いということにもなる。そのため、トレーニングで重要なのは強度。

強いインテンシティで一気に刺激を与え、回復させることが大事。筋肉が発達するのは回復している時が主なので、何時間もトレーニングしたところで発達には繋がらない。

トレーニング、ジムにいることが趣味であるという人であれば2時間も3時間もトレーニングを行っても構わないが、筋肉を増やしたいという人は短い時間で切り上げて、しっかりと回復させるようにしたほうが良いでしょう。

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....