フィットネス

初心者必読!多くの筋肉に効かせるワイドスクワットとは?

普通のスクワットとワイドスクワットでの異なる点は、脚を開いて行うかどうか。普通のスクワットでは大腿四頭筋と、もも前が鍛えられるが、ワイドスクワットでは内転筋、ももの内側、ハムストリング、お尻、大臀筋と多くの筋肉を鍛えることができる。

トレーニングの手順

1.普段のスクワットよりも足を前に出す

2.足幅は肩幅の1.5倍の広さに開き、つま先は外側に向ける

3.膝が内側に入らないよう膝を割った状態で腰を深く下ろす

腰を下ろす位置が浅いと意味がないため、しっかりと深く下ろすことを意識して行いましょう。

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....