フィットネス

山本義徳氏が教える!肩こりを解消する栄養とエクササイズ

普段肩こりに悩む人は必見。山本義徳先生が改善方法について解説します。エクササイズだけではなく実は栄養面からもアプローチができるんです。

肩こりのメカニズム

トレーニングをしている人の場合、肩というと三角筋を指しますが一般的な認識だと肩というと僧帽筋を指すと思います。スマホやパソコンをやっていると僧帽筋に力が入って収縮してしまうと肩こりになりやすいのです。

収縮すると筋肉で血管が押しつぶされ、疲労物質が溜まります。まず大事なのは血管を広げてあげる事。血管を広げると疲労物質も出て行きます。

血管を広げるのに良いのが、アルギニンビタミンE。そしてビタミンB3であるナイアシンの3つです。この3つを摂る事で肩だけでなく全身の血流が良くなります。そして疲れも取れやすくなります。

疲労物質が肩から排出されても、他の所に留まってしまっては意味がありませんので、水をしっかりと飲む事が大切です。そうすると疲労物質が外へ出て行きやすくなります。あと漢方薬の葛根湯も有効です。江戸時代には肩こりの特効薬として使われていました。

肩こり解消の運動

僧帽筋が収縮して肩が上がってしまっているので、トレーニングとしては肩を下げる運動、身体の後ろで手を組んで肩を下げる動きをすると良いです。

こうすると僧帽筋の下の方が収縮して肩が上がらなくなります。僧帽筋の下の方が弱いと普段から肩が上がってしまい肩こりをしやすくなってしまいます。

肩こりに悩まれている人はぜひお試しください。

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....