フィットネス

『筋トレとタバコの関係』を山本義徳先生に解説してもらいました!

気になっている人も多いのではないでしょうか?筋肉とタバコの関係。実はいい面も悪い面も持ち合わせているのです。タバコの成分と作用をもとに山本義徳氏が徹底解説いたします。

タバコは筋トレに悪いのか

実は、良い面もある。タバコのニコチンにはアロマターゼという酵素を抑える作用がある。

アロマターゼというのは、女性ホルモンを増やす酵素。アロマターゼが女性ホルモンを増やすということは、ニコチンを摂るとアロマターゼが抑えられる。そうすると女性ホルモンが減る。女性ホルモンが減ると男性ホルモンが増える。なので、タバコを吸うことで男性ホルモンが増える可能性もある。

そしてもう一つ、ニコチンは脳のある受容体に結びつく。脳の中の神経伝達物質でアセチルコリンというものがあり、それを受け入れる受容体がある。その受容体にニコチンも結びつく。どうなるかというと、頭がはっきりして覚醒作用が起こる。

タバコを吸うと頭がスッキリするというのはそれが理由。そういった面からいうと筋トレにいい作用もある

壊滅的に筋トレに良くない面も!?

壊滅的にダメな面もある。タバコを吸うと息が上がりやすいというが、それはタバコの中の成分がヘモグロビンと結びついてしまうから
そうなると、ヘモグロビンが酸素を運び込むことができなくなり、筋肉が酸素不足になってしまい、それが大きな問題となってくる。

また、タバコは活性酸素を増やしてしまう。DNA遺伝子が傷を受けて、病気の原因になってしまうということもある。例えば、ガンでいうとタバコは口から気管支にかけてガンが増えることははっきりわかっているので健康面からいってもあまり良くない。

トレーニングをハードに行うためにも健康のためにも、タバコはやめたほうがいい

まとめ

・結論:タバコはやめたほうがいい

・しかし、全ての成分が筋トレに悪影響を及ぼすわけではない

記事監修者 情報

山本 義徳(やまもと よしのり)

静岡県出身の日本のボディビルダー、トレーニング指導者。
プロ野球選手のダルビッシュ有や松坂大輔などをはじめ、多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めたYouTubeチャンネル『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】
twitter▶︎https://twitter.com/Yoshinori_TV
Instagram▶︎https://www.instagram.com/yoshinori_program/?hl=ja

....